ぎっくり腰の発症

「ぎっくり腰」という病名は正式にはありません。急激に起こる激しい腰痛発作の俗称です。中腰で物を持ち上げたり、物を持って振り返ったり、急に立ち上がろうとしたり、階段を下りようとしたときなど、たいした動きをしていないのに腰に激痛が走り、動けなくなる。中には寝返りをうつことすらできないほどの激しい痛みになる場合もあります。
ぎっくり腰の痛みうにおそわれると、上半身を前かがみにしてしか歩けない、身体をうしろに反らすことができない、激痛のためその場に倒れこんで身動きすらできなくばってなってしまいます。他人がさわったりすると、それすらも痛みに変わってしまいます。
ぎっくり腰の原因は、筋肉・神経・関節への急激な負荷や、過度の緊張と疲れなどによるもので、多くは椎間関節や、じん帯、腰の筋膜の一過性の強い炎症です。お年寄りの場合は」、腰部の変形性脊髄症、脊椎の圧迫骨折が原因のこともあります。また、椎間板ヘルニアも、はじめはぎっくり腰の症状でこともあります。
http://www.jizhougucheng.com/