今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが

ワイマックスって言う人気のネットサービスですが、このインターネット通信サービスって、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。そう言う事で、じっくりと通信を行なう予定があるのならば、一番適したモバイルサービスと言えるでしょう。
速度制限が気がかりでモバイルを諦めていた方は、考えてみてはいかがでしょうか?最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末も登場しています。

au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率99%を超えると言う、非常に受信しやすい通信回線です。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドなので、障害物があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。(GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを参照に)

 

WiMAXを取得すると、WiMAX端末しか必要ないので、家の中がさっぱりします。
光回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは月々レンタル料が必要で、毎月の料金に追加課金されます。

そして、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。WiMAXサービスを運営しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。

 

具体例を出せば、DTI WiMAX? 2+ってプロバイダだと、DTI Club OffってDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、他にも、スポーツクラブや温泉施設、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別優待価格で利用する事が出来ます。

展覧会やミュージカルのチケット、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。

 

具体例を挙げると、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXよりも低速になります。従って、速度制限無しとは言えども、WiMAXと比べると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが存在します。

 

驚くほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けないのであれば、業界で一番安いWiMAXのプロバイダと言えます。
だけれども、auスマートバリューmineには非対応なので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダになります。

更には、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。WiMAX機器の大きさは、スマホよりも小さいです。
と言う事で、携帯するのに便利です。

 

ポケットにも楽々入りますし、重量や厚みも大した事無くて、ポケットに入れても余裕があります。
ワイマックス端末は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。
なので、ワイマックスルーターをカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。WiMAXのサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、途中で解約をすると契約解除料を取られてしまいます。
そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたところに申し込みを行いたい所です。
意外と見逃されがちな部分が、それぞれの契約先のカスタマーサービスの応対です。コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルじゃ無かったりするプロバイダも少なくないですから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。WiMAXサービスと契約を申し込む時、色々なキャンペーンサービスが付いて来ます。

特に便利なのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。
UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。

どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
WiMAXの特長としては、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。
無線ですし、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。
それに合わせて、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性に長けています。
そう言う部分を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。

である為、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。
周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。

WiMAXのギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がないです。
混雑回避の為の速度制限も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が出来ます。
通信制限時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。
WiMAXの機器は、どんどん性能が上がって来ています。特に、通信速度の改良は目を見張るものがあり、今は、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特長となっています。
でも、最近は通信の速さより、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。新型WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。
なぜなら、回線の混雑を避ける為に設けられた3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーを対象にして実施される速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。って事で、メーカーやユーザーとしては、一番気になる関心事がここにスライドしたのです。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの多さも人気の秘密です。

ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。
それに合わせ、保証内容もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。WiMAXサービスの月々の料金ですが、実際の所、契約先によって料金が違います。例を挙げれば、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですが、契約25ヵ月目からの月額料金は高額になります。
こう言った感じで、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を検討しましょう。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。
このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。本来は月々500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の生活は変わりました。

 

一番変わったのが、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。
そんな事で、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れるようになりました。
UQ WiMAXに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。
自分が思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言う部分です。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする状況が無くなりました。UQ WiMAXサービスにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルでは無くなるのです。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。

そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。他にも、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。

 

WiMAX機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。

au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、幅広いゾーンで繋がります。また、800MHzのプラチナバンドを使用してますから、奥まった部分にまで電波が行き届きます。一方で、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が普通に適用されます。

 

UQ WiMAXのサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが一般的です。

その理由は、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。また、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用される為、結局のところ、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、値引きは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。
WiMAXの通信に対応している専用端末があります。

WiMAX端末は新製品がどんどん登場し、WiMAXの魅力はどんどん上がる一方です。
例えば、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も使用可能となりました。加えて、通信速度が年々速まっています。

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速くなりました。WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、いくつか存在します。一点目が、モバイルの通信規格と言う点で、どこからでもネット回線へのアクセスが出来ると言う点です。続いて思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、ウェブ通信を行なう為の回線工事は必要ないです。また、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。

 

そして、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAX人気に通じる部分と言えます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとしてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15と言うWiMAX機器です。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を採用し、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比べると、一回り広いエリアでの通信を行えます。その上、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応している部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。
電気屋さんで、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。WiMAXユーザーの私ですから、当然ながら、光回線に対して必要性を感じていません。店員にそう言うと、呆れるような返事が返って来ました。

 

WiMAXなんか、雨風に影響されるでしょう?とは言うものの、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、強風でWiMAXが使用不能となる日は一度もありませんでした。強風で家が揺れる位の日もありましたが、WiMAXへの何かしらの影響はありませんでした。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。
キャンペーンに対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を利用する事が可能になります。

WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良いので、凄く人気のあるサービスとなっています。WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。プロバイダにより少し違いはあるのですが、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。気になる料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランです。ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、たっぷりと通信を行なう事が出来るお得な料金プランです。それに対して、通常プランと言う料金プランは安いのですが、速度制限が厳しくなってしまうと言う点に注意が必要です。自分のインターネットの使い方を検討しつつ、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常3種類の料金プランが存在します。
28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。ちょこちょこ、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応しているエリアが広がっています。
また、au 4G LTEと言う機能はHWD15から踏襲し、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
当然、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しながらの通信にも対応しています。

 

WiMAXのサービスの中において、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。

WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。

 

しかし、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みをすると言う手段もあります。

代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート関連はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX02は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なうテクノロジーの事です。
この結果、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになる訳です。

また、Bluetoothにも対応してますので、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングをする事が出来ます。