温泉法の改正

昨年、温泉法が改正され32ねんぶりに妊婦の温泉入浴が解禁されたことをご存知ですか?

というか、そもそも妊婦は温泉い入ることが出来なかったの?と思われる方も多いでしょう。禁止というほど強くいっていることではありませんが、「一般禁忌行為」というものに妊娠中の入浴が該当していたのです。

一般禁忌行為とは、温泉浴に注意もしくはなるべく避けたほうが良い症状、ということですが、妊娠中の場合、熱い湯によるのぼせや貧血、足場が不安定なため転倒することのリスクなどが背景に合ったものと思われます。

そういう意味では解禁しても同じ危険性はあるわけですので、これから温泉旅行に行こうとする妊婦の方については、しっかりと注意することが必要です。

のぼせないように長湯しないなどは基本ですが、利用する温泉についても施設側が妊婦に対する対策を講じているかどうかを事前に電話などで確認しておくと良いでしょう。

温泉宿によってはマタニティプランなども用意しているところもありますのでそういう所が理想でしょう。

妊婦 温泉