硬水と軟水の違いとは

硬水と軟水の違いとはどんなことなのでしょうか?
硬い水と軟らかい水って一体どんな違いがあるのでしょうか?

硬水と軟水とは水の硬度の違いです。
硬度とは、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量が多い少ないを示すものです。
ミネラルが多いと硬度が高い、一方ミネラルが少ないと硬度が低いという言い方になります。

世界的には硬度60未満が軟水、硬度120以上180未満が硬水と定義されています。
日本では、硬度100以下が軟水、硬度101以上が硬水と言われれることが多いようです。

水の硬度は採取される国によって違います。
水の性質はその国の地形や地質によって左右されます。
日本の水は軟水です。
日本の地層にはミネラルが少なく、雨水は河川を伝って山から海にすぐに流れてしまいますので、水は軟水になります。

軟水は口当たりもよくクセが少ないのが特徴です。
ミネラルが少ないので、内蔵に負担がかかりにくいので、飲水に適しています。

一方でヨーロッパの水は硬水が多く、ミネラルが多く含まれていますので硬度によっては飲水に適していないことがあります。

軟水と硬水にはこうした違いがあります。
硬水や軟水の天然水がお店て販売されていますので、飲み比べてみると味の違いに気がつくのではないでしょうか。

ペットボトルが利用できるウォーターサーバーがレンタルできる