白米よりも玄米のほうがダイエットによい理由

ダイエットに向いた食事は、白米より玄米だとされています。玄米と、白米は、ほぼ同じくらいのカロリー量だと言われていますが、どうして玄米がダイエット向きなのでしょう。玄米は白米より噛み応えがあり、自然とよく咀嚼する習慣がつくので、時間をかけて食べるようになります。よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて、満腹感を感じることで食べ過ぎの防止になります。食感や香りを良くするために、普段は玄米を生成し、白米にしますが、玄米の状態のほうが、栄養は多く摂れます。玄米は、白米にはないぬかや胚芽がついたままですが、栄養面を考えると玄米のほうが優れています。玄米に含まれている食物繊維はお通じを良くする効果がありますし、ビタミンB群はエネルギー代謝に役立ちます。玄米に含まれている食物繊維は不溶性の食物繊維であり、水溶性食物繊維とはまた違う働きをします。不溶性食物繊維は便の量を多くして、大腸に刺激を加え排便を促進しますので、便秘対策に効果を発揮します。便秘になるとやせにくいと感じている方もいると思いますが、ダイエットのためには便秘を解消することが大切です。玄米以外にも、海草類や、野菜類を摂ることで食物繊維を摂取できますが、不足気味になりやすい成分でもあります。白米の代わりに、主食を玄米にしておけば、常に食事の度に玄米を摂ることができますので、ダイエットの役立ちます。ほくろ除去 大宮