年齢からくる膝の痛み

年齢を重ねていくと身体のあちこちが痛くなってくることが増えてきます。そんな中でも節々の痛みが多くなるようです。とくに体重がよくかかる膝は痛みが出やすい部分といえます。

そんな膝などの痛みというのはおもには関節の機能が低下することで起きるようです。通常は関節の軟骨などがクッションの役割をすることで痛みがあまり起きないようになっています。でも、それが年齢を重ねることで軟骨の量が減ってくるなどして痛みが起きるようになります。

それがあまりにひどくなると炎症などを起こしてしまって歩くこともままならなくなるといったことも出てきます。あまりにひどい場合には関節の部分に注射をしてクッションとしての成分を補うような外科的な治療も必要になるそうですが、そうなる前かから改善するようにしたいですね。

そのためにクッションの成分としてグルコサミンとかコンドロイチンといったサプリも出ています。そういうものから始めていくのもいいですが、さらに新しいものとしてタマゴの新成分を配合したものも出ています。これではクッションとなる成分を体内で作り出すのを助けてくれるということでより効果も期待されています。それならより期待できそうです。

タマゴサミン通販