にきびケアのための正しい洗顔

どのような洗顔をするかで、にきびケアがうまくいくかが決まります。間違ったにきびの洗顔方法では、にきびを改善するどころか、反対ににきびを悪化させてしまいます。

にきびを予防、改善するための正しい洗顔には、手順があります。手に多くの雑菌がついていては、意味がないので、顔を洗う前に、しっかりと手を洗いましょう。ぬるま湯を使って洗顔をすることも、にきびのケアには欠かせないことです。毛穴を開かせ、皮脂汚れを落としやすくするためには、ぬるま湯が最適です。冷たい水で顔を洗うと毛穴が閉じてしまいますし、熱い湯で顔を洗うと、顔に必要な油分までお湯に溶け出てしまうからです。効率的に洗顔をするためには、水で絞ったタオルをレンジで温めて、ほかほかにしたもので顔を温めるのもいい方法だといいます。ぬるま湯で洗顔が終わったら、石鹸や洗顔ソープをしっかりと泡立てます。肌を擦らずやさしく洗い、特に、にきびケアの場合には皮脂の分泌が多いおでこや小鼻は、丁寧に洗顔することが大切です。顔をすすぐときも時間をかけて、ぬるま湯できれいに洗い流します。洗顔料の洗い残しは、にきびケアの大敵です。シャワーをつかって流水で洗い流すという方法は、にきびには刺激が強すぎるようです。すすぎが終了したら、こすらないように気をつけて、タオルでそっと水分を吸収させていきます。適切な洗顔ケアをすることで、にきびのないきれいな肌を目指すようにするといいでしょう。
http://www.elizabethwestmark.net/