仲介は担当者の力量次第でお得になります

長く賃貸マンション暮らしを続けてきた独り身でしたが、40歳を過ぎてさすがに終の住処がないと不安になって中古マンションの購入を考え始めました。
元々住んでいた街が再開発で家賃も上がり始めた上に商業施設のラッシュで騒がしく感じたので、通勤時間が同じくらいのまったく路線違いの街になんとなく惹かれました。
それでもその街の事情が全くわからなかったので、賃貸を紹介してもらった不動産会社にその街にあるつながりのある不動産会社を紹介してもらえました。
休日に何度か物件を案内されて、その中の一件が気に入ったのですがこちらの予算からは少しオーバーしていたので断るでもなくかと言って話を進めるでもなくこちらも決心が付かない状態でした。
そうして数ヶ月経った3月29日の夜に不動産会社の担当者から電話があり、
「どうしても今年度のノルマを達成したいので、もしご希望の額まで値下げしたら本日中に契約してもらえますか?」
と切り出されました。
仲介物件は売主もあることなので疑問に思いながらも了解すると一時間ほどして再び電話があり、
「売主の了解を取りましたので今から契約書を持って伺います。」
と連絡がありました。
仲介で値引きを想定していなかったので驚きましたが、担当者の熱意でこちらの思っていた物件を買うことができました。
仲介は不動産会社だけではなく売主買い主も絡むので担当者の力量次第で話が進むと実感しました。家を売りたい、こっそりとマイホーム