どうしても住みたい vs 予算オーバー

マイホームを建てるとき、どうしても住みたい地区があった。でも、相場からすると予算がちょっと足りない。

そんなときに、インターネットの土地情報サイトで見つけた、目当ての地区の土地。
「少し予算オーバーだけどなんとかなるかな?」
と、不動産屋と土地を見に行ったところ、
「造成工事に200万くらい多めにお金がかかりますよ」という不動産屋からの言葉。
さすがに金がかかりすぎる。すごすごと家に帰った。

それからしばらくは土地情報を眺めながら時間が過ぎていった。
そんなとき、
「あれ? 値下げしてる?」
あの土地が、なんと100万円の値下げ。
「これ、なんとかなるかも」

そう思って不動産屋に買い付け申し込み。
見切り発車だったけど、ほかにとられてはたまらない。
早めに動いた。

そしてさらに、
「造成にお金がかかるので100万円まけてください!」
直球で不動産屋にお願いした。ダメ元だったけど。

次の日、
「売主さんが満額で値引きに答えてくれました」
という不動産屋からの電話。
最初の値段と比べると200万の値下げ。
手が、届いた。

「ありがとうごさいます!」
と、思わず電話越しに叫んでしまった。

そして一週間後、無事に売買契約。
そのときに会った売主は、とても優しそうな人だった。

さいたま市岩槻区不動産査定