ターンオーバーを整えて、じっくり治す

ニキビやニキビ跡・シミなどの悩みは、思春期のニキビを除けば30歳前後で一気に増え始めます。その理由は、ターンオーバーの乱れ。

30歳は仕事や家事・育児で忙しい女性が多く、不規則な生活やストレスなどでお肌に負担がかかる上に、お肌の回復力も衰え始める時期だからです。これらの肌トラブルを解決するには、エステやクリニックに通うというのもありですが、自分で改善することもできます。原因となっている、ターンオーバーを整えればいいのです。
それには、徹底した低刺激と保湿がポイントです。20代の頃に比べて弱くなっている肌のバリア機能や回復力を最大限に引き出すため、メイクや基礎化粧品は低刺激のものに変え、紫外線対策も今まで以上に気を付けましょう。
また、乾燥も肌にとっては立派な刺激です。お風呂上がりや洗顔後・寝る前など、こまめに保湿ケアをすることで、古い角質が落ち、新しいお肌に生まれ変わります。スムーズに肌が入れ替われる状態をキープすることで、蓄積していたシミやニキビの黒ずみなどが徐々に目立たなくなります。劇的な効果は見込めませんが、毎日のお手入れで少しずつ改善させましょう。
東京で背中ニキビが治療できるところって?