供花のスタイル

供花を手配するときには、いろいろとお花屋さんへ希望を伝えないといけません。

供花の飾り方はいろいろあるため、どのようなスタイルでおくりたいのか伝えます。
フラワースタンドに飾る背の高い供花であれば、スタンド。

畳や床に置くタイプでアレンジしてもらうのであれば、アレンジ。
よくあるフラワーアレンジメントと同じスタイルです。

花輪。
ただし花輪は斎場によっては飾れないこともあります。
花輪を贈ろうと考えるのであれば、あらかじめ葬儀場に確認をとりましょう。
またキリスト教式であれば、花輪は一般的には使用しません。

花束で贈ることもできますが、キリスト教式の場合だけです。
またしきみといった常緑樹が、関西の仏式の場合では贈られることがあります。

花の種類はお任せしてもかまいませんが、故人が好きだったお花を選んであげてもいいでしょう。

供花の数え方は、2つで1対です。1つの場合は1基と数えます。
一般的には、1基で贈ります。

安く家族葬をしたい人はこちらの情報がお勧め!