貯金をできるだけできるように工夫する!

貯蓄をする工夫としては、給料からすぐに貯蓄用の口座に自動的に移るようにしておくことをおススメします。財形貯蓄や積立定期、定期積金などの商品を使って、上記の金額を貯蓄に回してしまいましょう。そのお金がないものとして、後手元にあるお金を生活費としてやりくりするだけです。毎月の支出は項目ごとに見ると、浮き沈みがあるでしょう。

したがって、全体で使えるお金として考えるといいのではないでしょうか。また、クレジットカードを使ったらすぐに、クレジットカードの利用代金を、引き落とし口座に入金してしまいましょう。手元には常に使えるお金だけをおいておくのが望ましいです。手元に置いておくのが不用心だと考える人は、クレジットの引き落とし用の口座のほかに、貯蓄用の口座、生活用の口座と3つ用意をしておきましょう。

もしくは、給料の受取口座を含めると4つの口座が必要になるのではないでしょうか。なお、生活用の口座として使うのに、便利なのは新生銀行の口座ではないでしょうか。コンビニのどこのATMでも、引き落とし手数料が無料です。このようなところにも、注意が必要になります。

また、コンビニはできるだけ利用しないで、買い物はスーパーでまとめ買いをすることをおススメします。手取り13万円で独身の人であれば3年間を頑張れば、100万円を貯蓄することも可能ではないでしょうか。

特に無駄な費用となっているのは、おそらく家賃と通信費、そして車の保険ではないでしょうか。また、意外と食品にもお金をかけているかもしれません。なお、使い捨てのコンタクトを利用している人は、真っ先に削る費用はコンタクトでしょう。

ちなみに、薬の併用って気になりますよね。そこで調べたところ、エフェドリンとロキソニンは併用OKな組み合わせなんだとか。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

http://xn--hckbq8dwco9d8i1a3de.xyz/

眼鏡にしてしまえば維持費はかかりません。ここれ列挙した金額はあくまでも目安でしかありません。必ずしもこの金額になるとは限りませんし、ここで列挙した金額を下回るような努力をすることが大事でしょう。

決して下回ることとかできない金額ではありませんので、日ごろから摂生することをおススメします。また、食費は外食の費用を含めていません。自宅で炊事用をして食事することを基本にしています。自宅で食事を切りつめることで、外食もできることでしょう。工夫をして食材を節約できれば、外食も可能でしょう。

少しでも節約をしながら貯蓄をしていくことをおススメします。13万円の手取りだからといって、悲観をせずにしっかりと今何ができるのかを考えて、今後の生活の見通しが立っているのであれば今は我慢をするのが先決ではないでしょうか。

4月に新入社員が入社してきましたが、ゴールデンウィーク明けにようやく全体研修を終え、私の所属している部署にも配属となってきました。今はスマートフォンの時代で、固定電話に親しみがないせいか、内線電話と外線電話の着信音の違いを聞き分けられないとか、敬語が使えないとか、ネットなどでよく目にする、今時の新入社員、という感じです。

長い目で見て、温かく接し、これからの成長に期待するべきか、言うべきことは厳しく注意すべきか、後輩の教育係となってしまい、とても悩んでいます。上司と新入社員の板挟みで気苦労が続いていますが、自分も成長できる時と前向きに捉えて頑張りたいと思います。