カウントアップ!

ダーツのゲームの中でも最も一般的で初心者向けでもある『カウントアップ』は、1ラウンドで3本のダーツを投げて、8ラウンドの合計で勝敗を決めます。

最高得点は1440点になりますが、初心者なら500点を目指して腕を磨くといいですね。

続きを読む

バドミントンの醍醐味

動きの激しさ、ラケットがシャトルをたたきつける音、コートとシューズが奏でるリズム、そして、なによりシャトルコック持つ独特のフライトに魅了され、私たちはこのスポーツにとりつかれていきます。そして、やがて選手として精進し練習に励んでいくことでしょう。しかし、イメージと自分のプレーの差がなかなか埋まらず、苦悩と葛藤の日々が始まります。そんなときは基本を見つめて一から練習を行なってください。
バドミントンは苦しむためにだけするのではありません。できないことができるように¥なり、新しい自分に出会い多くの仲間と大切な空間を共有する「幸せ」な、ひとときを与えてくれるバドミントンです。
希望にあふれたビギナー、もう一度やり直したいと願うプレーヤー、さらに「寄り添う」立場でバドミントンを学ぶ指導者のみなさんnもバドミントンのことをよく考えて
ください。コート上では、汗まみれの選手がネットの上から手を握り合い、型を抱き合っている。観衆は感動と歓喜で高揚し拍手を選手に贈ります。これが、バドミントンの醍醐味です。
山田秀樹(埼玉栄高校監督)のバドミントン上達革命

ジョギングの何が嫌って怖いから

健康的なダイエットをしたいと思って思いつくのがジョギングです。楽しく友達と気持ちのよい汗をかいて走れればこの先も続くし結果も少しずつ出てくるでしょう。でもなかなかそうはいかないもの。

まず一緒に走る友達がいないっていうい方も非常に多いでしょうね。

続きを読む

木村拓哉さんとマツコ・デラックスさんが高校時代同級生だった!

16日に放送された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のシャッフルビストロのコーナーに出演した木村拓哉さんが、マツコ・デラックスさんと高校時代に同級生だったことを明かしたそうです。

木村さんは高校時代に1年間千葉県内の高校に通学していたそうで、その時に同級生だったのだとか。

木村さんがマツコさんと会った時にこの話題を振られたそうですが「どいつがお前になったかわからない」と正直に告白したのだとか。

マツコさんも「そこはそのままでいいわ」と人物特定しなくていいというスタンスだったそうです。

過去に戻ってやり直せるのなら、キムタクと高校時代を過ごしてみたいですね。

本当に可能なら、倉敷市のモビット審査を即日で完了してお金を借りてでも叶えたいファンもいるかもしれません。

高校は割と一学年の人数が多いので、木村さんもどの人がマツコになったかは確かにわからないでしょうね。

思っている以上にLGBTの人口は多いそうなので、私の同級生にも女装家になっている人が一人くらいいるかも?そう考えたらちょっと楽しいです。