ぎっくり腰の発症

「ぎっくり腰」という病名は正式にはありません。急激に起こる激しい腰痛発作の俗称です。中腰で物を持ち上げたり、物を持って振り返ったり、急に立ち上がろうとしたり、階段を下りようとしたときなど、たいした動きをしていないのに腰に激痛が走り、動けなくなる。中には寝返りをうつことすらできないほどの激しい痛みになる場合もあります。
ぎっくり腰の痛みうにおそわれると、上半身を前かがみにしてしか歩けない、身体をうしろに反らすことができない、激痛のためその場に倒れこんで身動きすらできなくばってなってしまいます。他人がさわったりすると、それすらも痛みに変わってしまいます。
ぎっくり腰の原因は、筋肉・神経・関節への急激な負荷や、過度の緊張と疲れなどによるもので、多くは椎間関節や、じん帯、腰の筋膜の一過性の強い炎症です。お年寄りの場合は」、腰部の変形性脊髄症、脊椎の圧迫骨折が原因のこともあります。また、椎間板ヘルニアも、はじめはぎっくり腰の症状でこともあります。
http://www.jizhougucheng.com/

バドミントンの醍醐味

動きの激しさ、ラケットがシャトルをたたきつける音、コートとシューズが奏でるリズム、そして、なによりシャトルコック持つ独特のフライトに魅了され、私たちはこのスポーツにとりつかれていきます。そして、やがて選手として精進し練習に励んでいくことでしょう。しかし、イメージと自分のプレーの差がなかなか埋まらず、苦悩と葛藤の日々が始まります。そんなときは基本を見つめて一から練習を行なってください。
バドミントンは苦しむためにだけするのではありません。できないことができるように¥なり、新しい自分に出会い多くの仲間と大切な空間を共有する「幸せ」な、ひとときを与えてくれるバドミントンです。
希望にあふれたビギナー、もう一度やり直したいと願うプレーヤー、さらに「寄り添う」立場でバドミントンを学ぶ指導者のみなさんnもバドミントンのことをよく考えて
ください。コート上では、汗まみれの選手がネットの上から手を握り合い、型を抱き合っている。観衆は感動と歓喜で高揚し拍手を選手に贈ります。これが、バドミントンの醍醐味です。
山田秀樹(埼玉栄高校監督)のバドミントン上達革命